【ポイ活】Throw Reverse 3D ステージ1000個に挑戦するも、断念!gif動画での解説あり!

2022年2月17日


こんにちは、夫です。

ポイントインカムで新しく「Throw Reverse 3D」というゲーム案件 5,000pt(2022年2月8日時点)が出ていたので、早速挑戦してみました!

でも、1ステージ目を挑戦したところで、「これヤバいやつやん・・・」となり、7ステージ目までクリアして早くも断念することを決意しました。

ポイ活ブログを始めて2ヶ月目で早速断念が2件目になるとは思ってもみませんでした。

この記事では、なぜ断念することにしたのか、その理由をgif動画を添えてお伝えします。

ちなみに、正攻法ではないやり方もあり、確実に、それでいて正攻法より早く終わることもできます。その方法も最後に紹介しているので、気になる方はぜひ御覧ください。  

楽しさ        ★★☆☆☆

簡単さ        ★★☆☆☆

かかる時間      ☆☆☆☆☆

金額に見合った内容か ★☆☆☆☆

運要素が強すぎる

ゲーム内容は、盤面に黒玉を投げ入れてオセロをする、というもの。

一見シンプルではありますが、やってみると全然思い通りのところに入ってくれず、その一投目で嫌な予感がしました。一方、相手は高確率で決めてきます。

 

また、最近の金額安めのゲーム案件ではあるあるの、動画広告が頻繁に流れる系です。しかも、クリア後に5秒流れるだけでなく、ステージ挑戦中にも流れてきました。

つまり、運ゲーかつ根気ゲーです。

しかも、投げ入れてから穴に落ちるまでに盤上をチョロチョロ動くのですが、gif動画を見て分かるように、数秒以内にどの穴にも落ちなかったらそもそもその玉は消えてしまいました。

結局、1ステージ目をクリアするのに4回負けてしまい、そのあと偶然連続して入ったおかげで5回目にしてようやくクリアしました。

次のステージはさっそくギミックが現れ、盤面がスマホ画面上を左右に動くタイプでした。狙いなんてあったものじゃありません。

 

一応その後奇跡が重なり2ステージ連続ですぐクリアしましたが、そんなうまいこと奇跡が続くわけもなく、かなり苦戦しました。

こんなの1000個クリアするの、絶対ムリだ・・・。そう確信し、僕はそっとスマホを閉じました。  

試算すると、おそらく最低22時間かかる!?

1000ステージというノルマを見てすぐ分かりました。Emoji&Puzzleの系列だなと。

⇧こちらを読んでいただければ、「サクサククリアできた場合でも最低4時間半」ということが理解できると思います。

でも今回は、運要素あり、挑戦中の動画広告あり、というおまけ付きです。

運要素について追加試算

たった7ステージだけの検証ですが、1ステージ2.5回挑戦したらクリアできるかなといったところです。

また、Emoji&Puzzleは5秒ほどでクリアできたのに対し、こちらは1回の挑戦で勝敗が付くまで20秒はかかるはずです。

つまり、15秒×1000ステージ + 20秒×1.5回×1000ステージ で12時間半追加となります。

挑戦中の動画について追加試算

挑戦中に流れる広告も5秒でした。

読み込みの時間や✖を押すといったコトに2秒かかるとし、挑戦中に最低1回は流れてくるとします。

この場合、7秒×2.5回×1000ステージ で5時間追加となります。  

つまり、最低でも22時間はかかるかなといったところです。途方も無いですね。

もちろん、なにかコツがつかめればもう少しは早くなると思いますが、それでもしんどいはずです。 逆にもっと時間がかかる可能性もあります。

スキップしたほうが確実だし早い

ここまで正攻法でのやり方と試算を紹介しましたが、実は30秒の動画広告を見ればステージをスキップすることができます。

つまり、読み込みなどの時間を2秒とすれば、だいたい9時間で1000ステージ目に到達できます。

こっちのほうが断然確実だし早いですよね。

じゃあその方法でやればいいのでは?と思うかもしれませんが、僕は動画広告が苦手です。

もっと具体的に言えば、最後の✖を押すのがほんとに下手なんですよね。なので結構押しミスして別の画面に飛ぶのです。

だから試算よりももっと時間がかかるはずなのです。コスパを考えると、うーんということになります。  

まとめ

僕は諦めますが、早く終わらせられる自信のある方、ぜひ挑戦してみてください!

ちなみに5日以内が条件なのをお忘れなく!